浜中町観光協会/Welcome to KIRITAPPU
カロリーゼロのダイエット健康食品
 昆布を食べると長寿になるといわれるのには、科学的な根拠があります。
それは、ミネラルやビタミンなどの栄養素をたっぷりと含む、強いアルカリ性の健康食品だからです。しかも、カロリーはほとんどゼロに近く、水を吸収することで量が増えることから、ダイエット食品として優等生。体重が気にかかる方や、つい食べ過ぎてしまうという方も安心して食べていただけます。
■コレステロールを下げ高血圧を予防
 昆布に含まれる栄養素で注目すべきヨウ素の含有量が他の食品と比較して非常に多いことです。このヨウ素には、高血圧や老化を防ぐ働きがあるといわれています。また、最近話題の食物繊維が多く、腸内を掃除してくれるばかりか、血中コレステロールを下げてくれるアルギン酸や骨を作るカルシウムなど健康に必要な各種のミネラルやビタミンが効率よく含まれています。
■カルシウムが豊富!

 国民栄養調査でも、日本国民のほとんどが不足しているカルシウムは、牛乳の6.0倍※も含まれています。カルシウムは骨や歯の形成を助けます。(※可食部100gあたりの数値 )
■食物繊維がたっぷり!

 昆布をはじめ海藻のヌルヌル成分に含まれる、水溶性食物繊維(粘質多糖類)であるアルギン酸とフコイダンがたっぷり含まれています。
 昆布は食べておいしいことはもちろん、カルシウムやビタミン、ミネラル、ヨードなど私たちの健康に必要な栄養素がたっぷりと含まれているアルカリ性食品です。
 特に高血圧や老化を防ぐ働きがあると言われるヨードが他の食品などより断然多く含まれており、さらに、ビタミンやミネラルなども豊富で、各種の成分が非常に効率よく含まれています。血中のコレステロールを下げるアルギン酸や、最近注目の食物繊維も多く、そのうえ低カロリーな「理想の健康食品」なのです。